入浴後に気をつけたいこと

入浴後は肌が乾燥しやすいので注意しましょう

入浴するときに洗顔も一緒に済ませるという人は多いでしょう。湯気によって肌が蒸れて、皮脂が柔らかくなるので汚れを除去するためには最適なタイミングです。しかし洗顔によって皮脂が完全に除去されると、入浴後は急激に肌乾燥を招くことになります。肌を乾燥させないためには速やかな保湿が必要ですから、入浴後の肌のほてりが引いてきたら化粧水を塗ってください。そばかすは紫外線を浴びることによって発生リスクが高くなるため、紫外線・乾燥ダメージをいかに軽減させるかが重要です。美白用の化粧水で十分に保湿し、さらに日焼け止めクリームでカバーしてください。肌のインナードライを感じるようになった場合は、化粧水と美容液を両方使用するのがおすすめです。

入浴後は早めに睡眠を取ることが大事

日々の肌ダメージがそばかすの原因を作っているのは間違いありません。そばかす対策では肌を十分に休ませることがポイントになります。入浴後は身体が温まっているので、非常に寝つきやすい状態にあります。入浴後は30分~1時間後くらいに就寝するのが好ましいです。入浴後に長時間起きていると肌が冷えてきますし、就寝のタイミングを逃してしまいます。睡眠の質は肌状態に反映されますから、睡眠の質を向上させるケアを徹底してください。入浴後は湯冷めをしやすいので、特に下半身は冷やさないようにしましょう。下半身が冷えると全身に素早く冷えが及んでしまい、ターンオーバーのバランスを崩すなどのデメリットが生じます。メラニン色素を素早く排出させるためにも、ターンオーバーを正常にする必要があるのです。