食生活に気をつけよう

そばかすができる原因とは?

そばかすやシミは、肌に残ったメラニン色素が黒く沈着した状態のことです。紫外線は地球に届く太陽光の一種ですが、体の奥まで入ると皮膚や目の病気を引き起こすなど人体にさまざまなダメージを与えます。そして、この有害な紫外線から肌を守る壁の役割を果たしているのがメラニンです。通常ならメラニンは周期的に新陳代謝により肌から排出されます。しかし、体調不良やストレス、老化など何らかの原因で新陳代謝が乱れると排出されずに残ってしまいます。そして、メラノサイトというメラニンを生成する細胞も正常に働かなくなってメラニンが過剰に生成されてしまい、生成される量と排出される量のバランスが崩れてそばかすやシミができるのです。

食生活でそばかすを防ごう!

そばかすを防ぐには日焼け止めなどの紫外線対策のほか、毎日の食事からの肌に必要な栄養素の摂取も大切です。新陳代謝に欠かせない主な栄養素は、ビタミンCやビタミンE、ビタミンB2などのビタミン類とβカロテンです。ビタミンCは美白成分で有名ですが、メラニンの生成を抑制する働きがあります。また、肌の炎症を抑えたり色素の沈着を防ぐ栄養素です。ビタミンEは肌の老化やシミなどに影響を与える活性酸素を無害にします。血流も良くするので新陳代謝が活発になります。そして、ビタミンB2は皮膚の成長のために大切な栄養素です。βカロテンには一部がビタミンAに変化することにより他の栄養素が効果を発揮するのを促します。強力な抗酸化作用もあります。このように、肌に良い栄養素を取り入れることにより、体の内側からそばかすを効果的に防ぐことができるのです。また、カフェインなどの刺激物はメラニン生成を促進するのでほどほどにしましょう。